FC2ブログ

まったり開発日誌

embossの工具箱(J2EE Java2 Linux Zaurus C++)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

openSUSE「SUSE Linux 10.0 OSS」のインストール(FTP)

SUSE Linux 10.0 OSSのインストール方法
Apache2とTomcat5の連携


Networkインストール方法



今回はFTPによるNetworkインストール方法を紹介します。
最初は「Networkインストールは難しい」というイメージを持っていましたが、なれればCD一枚で済むので楽です。何枚ものISOイメージをダウンロードしてCDを作成するよりも楽です。

今回はSUSE Linux 10.0 OSSをNetworkインストールし、Apache2とTomcat5をインストールします。
また、ApacheとTomcatは連携して動作する方法も説明します。


インストール準備


まず、openSUSEよりInternet Instration Image をダウンロードします。本家からダウンロードするのではなくミラーサイトより取得すると良いでしょう。私はここから取得しました。
取得したboot.isoからCD-ROMを作成してください。

インストールの開始

作成したCDから起動すると次のような画面になります。
[Instration]を選択し[Enter]を押します。
インストール開始


次の画面でエラーが表示されますが[Enter]で次に進みます。
02_CouldNotFound


Select the anguage.画面が表示されますので[Japanese]を選択します。
03_言語の選択


Choose the keybord map.画面が表示されますので[Japanese]を選択します。
04_キーボード選択


[Start Installation or System]を選択します。
05_メインメニュー


[Start Installation or Update]を選択します。
06_インストールの開始


Choose the source medium.(媒体の選択)画面が表示されます。
[Network]を選択してください。
07_Networkを選択


今回は[FTP]を使用します。
08_FTPを選択


今回はDHCPサーバが存在するので[Yes]を選択します。DHCPサーバを用意していない場合、[No]を選択してIPアドレスを入力します。
09_DHCPの選択


FTPサーバのアドレスを入力します。FTPサーバは近いところが良いでしょう。openSUSEのサイトのMirrors Released VersionページのInstallation Repositoryで確認します。今回はftp.jaist.ac.jpを使用しましたがftp.novell.co.jpでもOK
です。

[No]を選択します。
11_anonimous


[No]を選択します。
12_TTTPプロキシの使用


SUSEのサイトのMirrors Released VersionページのInstallation Repositoryで確認したディレクトリを入力します。
ftp.jaist.ac.jpであれば
/pub/Linux/openSUSE/distribution/SL-10.0-OSS/inst-source/
ftp.novell.co.jpであれば
/pub/suse/opensuse/distribution/SL-10.0-OSS/inst-source/
を入力します。
13_ディレクトリの入力


インストール用ファイルのロードが始まります。
14_インストール用システムのダウンロード


インストーラが起動しています。
15_YaSTが起動する


ライセンス同意画面で[はい、ライセンスに同意します]を選択し[次へ]
16_ライセンス同意


「ドライバ起動を確認する」ウィンドウが開いたら[OK]を選択します。
17_ドライバの起動確認


時計とタイムゾーンを設定します。[アジア]、[東京]が選択されている事を確認して[次へ]
18_時計とタイムゾーン


デスクトップシステムを選択します。[KDE]を選択して[次へ]
19_デスクトップの選択(KDE)


パッケージ選択の検証が始まりますのでしばらく待ちます。

20_インストールの設定


インストール設定が完了しました。問題なければ[完了]ボタンをクリックします。
21_インストールの設定()


確認画面が表示されたら[インストールする]を選択します。
22_インストールの確認


インストールが始まりますのでそのまましばらく待ちます。(筆者の環境で約一時間かかりました)
23_パッケージのインストール


ルートユーザーのパスワードを入力し[次へ]
24_ルートのパスワードwo


「ハードウェアの確認」ウィンドウが表示されたら[続行]を選択します。
25_ハードウェア


[インターネットとの接続をテストする]を選択し[次へ]
26_インターネット接続テスト


インターネットとの接続テストが行われます。
27_インターネット接続テスト中


インターネットとの接続テストが完了すると「オンラインアップデート可能」ウィンドウが開きます。ここでは[アップデートしない]を選択して[OK]をクリックします。
28_オンラインアップデートしない


ユーザー認証方法画面で認証方法を選択します。
通常は[ローカル(/etc/passwd)]を選択して[次へ]
29_認証方法


通常使用するユーザを作成します。ここでは[推奨]ボタンをクリックしてlxuserを作成します。
30_ユーザを作成する


リリースノートが表示されます。[次へ]をクリックします。
31_リリースノート


ハードウェア設定を確認し[次へ]
32_ハードウェア設定


お疲れさまです。これでインストールが完了しました。
[完了]ボタンをクリックしてください。
33_完了


完了ボタンを押すと再起動されます。
34_再起動


再起動後にカメレオンのデスクトップ画面が表示すれば成功です!

ApacheとTomcatの連携
へと続く...
スポンサーサイト

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2005/11/12(土) 15:39:13|
  2. SUSE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<openSUSE「SUSE Linux 10.0 OSS」にTomcat5とApache2をインストールし連携して動作するように設定する | ホーム | 第1章 サーバー構成に関する新機能 完了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emboss.blog28.fc2.com/tb.php/31-bb444f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSSフィード

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。