FC2ブログ

まったり開発日誌

embossの工具箱(J2EE Java2 Linux Zaurus C++)

PL/SQL コーディング規約

PL/SQL MYコーディングルール

■フィールド変数のデータ型はかならず%TYPEを使用すべ
フィールドを格納する変数のデータ型には、必ず%TYPEを使用すること。
■FORよりもFORALLを使うべ
FORALLはパフォーマンスが30%程度向上する。FORALLが使用できないか検討してみること。
■空行は作成すな
空行のかわりに--を使用する。SHOW ERRORしたときに空行があるとエラーのあった行数がずれる為。
例)
-----------------------------------------------
vc2_result VARCHAR2 DEFAULT := 'OK';

BEGIN

RETURN vc2_result;

END OUT_FILES;
-----------------------------------------------


-----------------------------------------------
vc2_result VARCHAR2 DEFAULT := 'OK';
--
BEGIN
--
RETURN vc2_result;
--
END OUT_FILES;
-----------------------------------------------

■変数の型によるプリフィックスを付与すべ

vc2_ VARCHAR2 vc2_from_ymd
cur_ CURSOR cur_list_master
rec_ RECORD rec_dept_line
tbl_ TABLE tbl_code_master
bin_ BINARY_INTEGER bin_count
pin_ PLS_INTEGER pin_count
bln_ BOOLEAN bin_off
dat_ DATE dat_from
chr_ CHAR chr_buf
num_ NUMBER num_count

例外
グローバルな変数にはgを使用すべ
例)gvc2_to_ymd
var_ %TYPEの場合は何型になるかわからないのでvar_を使用する。(variable)

■RECORD型定義,TYPE型定義,例外型定義などの定義関係
型の定義はすべて大文字とする。単語と単語は_(アンダースコア)でつなぐ。

■関数の名称
関数の名称の本体部分には、用途を表す完結した名前を大文字と_(アンダースコア)を使用して付けること。
さらに、プロシージャ名は INIT_NAME_ARRAY やCLOSE_FILEPOINTER のように動詞で始める。

■関数の引数
in_またはout_またはinout_をプリフィックスに使用する。
例)
PROCEDURE NIPPOU_CONSULT_OUTPUT(
in_symd IN VARCHAR2,
out_ret OUT VARCHAR2
);

■定数
プリフィックスにCON_を使用し、すべて大文字とする。
CON_NO_DATA CONSTANT VARCHAR2(1) := '3';
CON_ERROR CONSTANT VARCHAR2(1) := '1';
CON_NORMAL_END CONSTANT VARCHAR2(1) := '2';

■例外処理を必ず実装する。
例外処理は、必ず実装する。よくやるのがEXCEPTION WHEN OTHES THEN NULL;とか。そんなコードを書くな。

例)
FUNCTION "CHAMPLE" RETURN VARCHAR2
AS -- 宣言部 --
sqlerr_code NUMBER;
sqlerr_msg VARCHARE2(2046);
--
BEGIN -- 実行部 --
--
----------------
-- 処理を記述 --
----------------
--
--COMMIT; -- トランザクションがある場合
-- 実行部のトランザクションをコミット
RETURN('RETURN from CHAMPLE');
EXCEPTION -- 例外部 --
WHEN OTHERS THEN
-- ROLLBACK; -- トランザクションがある場合
-- 実行部のトランザクションをロールバック
--
sqlerr_code := SQLCODE;
sqlerr_msg := substrb(SQLERRM, 1, 1024);
--
-- 状況の表示処理例
-- DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('sql error code = ' || sqlerr_code);
-- DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('sql error msg = ' || sqlerr_msg);
--
--
-- 状況の保存処理例
-- INSERT INTO EXCEPTION_LOG VALUES('FNC_YYY', sqlerr_code, sqlerr_msg, SYSDATE);
-- COMMIT;
--
--
-- 呼び出し元に例外処理の内容を返す
-- RAISE;
--
-- ※上記のINSERT文が有っても,その前の例外が伝えられます。
-- ※上記のINSERT文で例外が発生した場合にはINSERT文の例外も上ります。
-- ※sqlerr_msgには2つの例外メッセージが連結されて呼び出し側に伝わります。
-- 必要に応じて「ORA-」で切り出す。
-- ※INSERT文で例外が発生した場合、sqlerr_codeにはINSERT文で発生した例外番号が
-- 格納される。
END;
スポンサーサイト
  1. 2005/10/11(火) 15:42:20|
  2. 開発メモ-データベース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第1章 サーバー構成に関する新機能 完了 | ホーム | Oracleの行連鎖を調べる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emboss.blog28.fc2.com/tb.php/25-7bec72d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSSフィード

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: