FC2ブログ

まったり開発日誌

embossの工具箱(J2EE Java2 Linux Zaurus C++)

JBossのインストール(Windows)

J2EE開発環境のインストール

J2SE SDKのインストール

まずはJavaの実行環境・開発環境を導入します。
サンのウェブサイトよりダウンロードしてインストールしてください。
http://java.sun.com/j2se/1.4/ja/今回は以下のディレクトリに配置したものとして説明します。

Windows
C:\j2sdk1.4.2_09
Linux
/usr/local/java/j2sdk1.4.2_09

Windowsの場合
「j2sdk-1_4_2_09-windows-i586-p.exe」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを実行します。
J2SE SDKインストール-同意します


インストール先を指定します。今回は変更しません。このまま次へをクリックします。
J2SE SDKインストール-インストール先


次へをクリックします。
J2SE SDKインストール-ブラウザへの設定


インストールが始まります。いくつかの画面が開いたり閉じたりしますがそのまましばらく待ちます。
J2SE SDKインストール-インストール中


インストール完了です。
J2SE SDKインストール-完了


環境変数の設定

J2SE SDKがインストールできたら、環境変数JAVA_HOMEを設定します。
Windowsの場合、環境変数は コントロールパネルの[システム]-[詳細]-[環境変数]から設定します。

[環境変数]
システム環境変数の[新規(w)...]ボタンを押します。
JAVA環境設定-1


変数名 JAVA_HOME 
変数値 C:\j2sdk1.4.2_09
を設定します。
JAVA環境設定-2


OKを押します。

同様の手順で、環境変数PATHにも追加します。
[環境変数]を見ると、PATHはすでに存在するはずなので、変数値の最後に
セミコロン「;」をつけて、JDKのディレクトリを追加します。

変数名 PATH 
変数値 ;%JAVA_HOME%\bin

JBossのインストール

JBossのホームページhttp://www.jboss.com/よりダウンロードのリンクを辿り、「jboss-3.2.7.zip」というファイルをダウンロードしてください。
既にEJB3.0に対応したバージョンであるJboss4が発表されていますが、今回は安定版の
JBoss Application Server 3.2.7 を使用します。

ダウンロードが完了したら解凍後、適当なディレクトリに配置します。
今回は以下のディレクトリに配置したものとして説明します。

Windows
C:\jboss-3.2.7
Linux
/usr/local/jboss-3.2.7/


過去の記事

3日目 J2EE実行環境の概要
2日目 J2EEの位置付け
1日目 J2EEお勉強を開始
スポンサーサイト
  1. 2005/10/08(土) 10:35:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オラクルマスター教科書 Gold Oracle 10g Database 【新機能】編 学習開始です! | ホーム | DOSとPL/SQLコマンドの挙動について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emboss.blog28.fc2.com/tb.php/22-e59bfdc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSSフィード

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: