まったり開発日誌

embossの工具箱(J2EE Java2 Linux Zaurus C++)

2008年02月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. SQL Serverでの '+' 演算子(02/06)
  3. C#での安全な型変換(02/02)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SQL Serverでの '+' 演算子

+ (文字列連結) 演算子は、長さがゼロの空の文字列に対して使用するときと、NULL、または不明な値に対して使用するときでは、動作が異なります。長さがゼロの文字列は、間に文字を挟まない 2 つの単一引用符で指定できます。長さがゼロのバイナリ文字列は、16 進定数で指定したバイト値を持たない 0x で指定できます。長さがゼロの文字列の連結では、常に 2 つの指定された文字列を連結します。NULL 値の文字列を操作した場合、連結の結果はセッションの設定によって決まります。NULL 値に対して実行される算術演算の場合、既知の値に NULL 値を追加すると、結果は通常、不明な値になります。同様に、NULL 値に対して実行される文字列連結演算でも、NULL の結果を生成する必要があります。ただし、現在のセッションの CONCAT_NULL_YIELDS_NULL の設定を変更することにより、この動作を変更できます。

NULLになる可能性のある+(文字列連結)は、ISNULL()を用いること。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/06(水) 11:07:10|
  2. 開発メモ-Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C#での安全な型変換

Javaでいうところの instanceof は as string で行う。

string userName = ds.Tables[0].Rows[i]["user_name"] as string;
if (userName != null)
{
abbr.Append(userName);

}

以上。
  1. 2008/02/02(土) 15:26:07|
  2. 開発メモ-Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RSSフィード

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。