まったり開発日誌

embossの工具箱(J2EE Java2 Linux Zaurus C++)

Spring

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. Spring2.0の設定(08/02)
  3. 認証確認方式(08/02)
  4. Weblogicのセキュリティ・認証について(08/02)
  5. WebLogicのエディション比較(やっと見つけた)(08/02)
  6. BEA WebLogic Serverの調査(08/02)
次のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Spring2.0の設定

Spring2.0の設定ファイルは1.xから結構変わってますね~
定義はこんな感じ
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xmlns:jee="http://www.springframework.org/schema/jee"
    xmlns:aop="http://www.springframework.org/schema/aop"
    xmlns:tx="http://www.springframework.org/schema/tx"
    xsi:schemaLocation="
http://www.springframework.org/schema/beans http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-2.0.xsd
http://www.springframework.org/schema/jee http://www.springframework.org/schema/jee/spring-jee-2.0.xsd
http://www.springframework.org/schema/aop http://www.springframework.org/schema/aop/spring-aop-2.0.xsd
http://www.springframework.org/schema/tx http://www.springframework.org/schema/tx/spring-tx-2.0.xsd">

データソースの設定をJNDIから取得するのもこんなに簡単。
    <!--==== DataSource ==============================================-->
    <jee:jndi-lookup id="dataSource" jndi-name="データソース名" />
トランザクションの管理も楽
    <!--==== DataSource transaction manager ==========================-->
    <bean id="txManager"
        class="org.springframework.jdbc.datasource.DataSourceTransactionManager">
        <property name="dataSource" ref="dataSource" />
    </bean>
AOPの設定はこんな感じ。xxxxLogicというクラスにinsertXxxxというメソッドがあったらトランザクションを開始する設定。
    <!--==== aop for transaction =====================================-->
    <aop:config>
        <!-- pointcut the execution of any method defined by the BaseLogic interface -->
        <aop:pointcut id="businessLogic"
            expression="execution(* com.andsystem.bl..*Logic*.*(..))" />
        <aop:advisor pointcut-ref="businessLogic" advice-ref="txAdvice" />
    </aop:config>
    <!--==== transactional advice ====================================-->
    <tx:advice id="txAdvice" transaction-manager="txManager">
        <tx:attributes>
            <tx:method name="insert*" rollback-for="java.lang.Exception"/>
            <tx:method name="find*" read-only="true" />
        </tx:attributes>
    </tx:advice>

スポンサーサイト

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2007/08/02(木) 11:15:50|
  2. Spring
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

認証確認方式

セッションが認証済みセッションであるかどうかを確認する方式として以下の3つの方式が挙げられる。
(1)Actionの基底クラスで実装する。問題点、JSPが無防備になる。
(2)SpringAOPで実装する。問題点JSPが無防備になる。
(3)Filterで実装する。利点、JSPも保護できる。
  1. 2007/08/02(木) 10:45:41|
  2. Spring
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Weblogicのセキュリティ・認証について

セキュリティ プロバイダは、WebLogic Server のセキュリティ レルムに「プラグイン」してアプリケーションにセキュリティ サービスを提供するためのモジュールです。セキュリティプロバイダは、アプリケーションの代わりに WebLogic Security フレームワークに働きかけを行います。

WebLogic Server 製品に付属しているセキュリティ プロバイダがセキュリティ要件を完全に満たしていない場合には、カスタム セキュリティプロバイダで補足するか、あるいはカスタム セキュリティ プロバイダに置き換えることができます。

WebLogic セキュリティ プロバイダの開発
http://edocs.beasys.co.jp/e-docs/wls/docs92/dvspisec/index.html

懸案事項として、ハッシュ方式によるシングルサインオン設計をWebLogicの提供するセキュリティフレームワークにそって開発する必要がある。工数はそこそこかかりそうな雰囲気。ざっくり15d~20d見積もった方が良いかもしれない。


WebLogicにはSAMLによるシングルサインオンの為の相互認証機能が備わっている。
実装方式はどちらかというと『エージェント型』のようだ。
SAMLは9.2では標準装備のようだが、
http://edocs.beasys.co.jp/e-docs/wls/docs92/secintro/archtect.html#wp1067596
8.1ではオプションのようだ(WebLogic Enterprise Security)。
http://edocs.beasys.co.jp/e-docs/platform/docs81/secintro/wles.html
  1. 2007/08/02(木) 10:26:48|
  2. Spring
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WebLogicのエディション比較(やっと見つけた)

http://www.hitachi-densa.co.jp/business/integration/platform/weblogic/05.html
  1. 2007/08/02(木) 10:25:51|
  2. Spring
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BEA WebLogic Serverの調査

(1)BEA WebLogic Server 9.2
 J2EE 1.4
 Spring Framework、Apache StrutsとBeehive、Enterprise JavaBeans(EJB)3.0 が使用できる。
 SpringおよびBeehiveとの統合:開発者は、業界最先端の軽量オープンソースフレームワークと、従来型のJ2EE開発を融合、調和させることができます。エンタープライズレベルの堅牢さと、軽量プログラミングアプローチの長所を組み合わせることが可能です。Spring Beanのための管理機能とトランザクション能力を提供します。
BEA WebLogic Workshop 9.2(KODOを使えばJava SEでもEJB3.0 Entityが利用可能です)
http://blogs.sun.com/takemura/date/200605

Spring 2.0でのJPA(Java Persistence API)の利用
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2006/03/jpa-spring-medrec.html

SpringとWebLogic Serverの統合
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/09/spring_integration_weblogic_server.html

Springの導入によるJ2EE開発の改善
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/07/better_j2eeing.html

Springにトランザクションの"サスペンション(一時停止)"を装備する
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/07/spring_transactions.html

クラスタ化アプリケーションのセッション管理
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/05/session_management.html

Jakarta Commons LangでJavaがシンプルに
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/4/commons_lang.html
  1. 2007/08/02(木) 10:25:05|
  2. Spring
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

RSSフィード

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。