まったり開発日誌

embossの工具箱(J2EE Java2 Linux Zaurus C++)


WindowsMobileではじめるWin32APIプログラミング入門

Windows Mobile 開発の入門記事です。Win32APIについて理解を深めながら、Windowsの仕組みを学びます。また、Windows Mobile特有の問題や機能についてもサンプルを交えながら検証、解説します。

001:WindowsMobile開発環境の構築

002:Visual Studio 2005の起動

003:ウィンドウを作る

004:クロスプラットフォームに対応する

005:MessageBoxを使ってhello,world

006:文字を表示する

007:フォントを変更する(カスタムフォント)

008:システムフォントを使う

009:GDI

010:グラフィックスを描く

011:線を描画する

012:四角形を描く

013:円を描く

014:多角形を描く

015:リージョン

016:リージョンを結合する

017:WindowsMobile特有のウィンドウ作成

018:モーダイルダイアログを作る

019:モードレスダイアログを作る

020:WindowsMobileらしい全画面ダイアログを作る

021:子ウィンドウを作る

参考文献

最近の記事

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 021:子ウィンドウを作る(02/10)
  3. 020:WindowsMobileらしい全画面ダイアログを作る(02/09)
  4. T-01A用 wifictrl、ようやく安定版リリース(08/13)
  5. wifictrl(06/29)
  6. MortScriptをT-01Aにインストールする(06/24)
次のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

021:子ウィンドウを作る

親ウィンドウの中に子ウィンドウを作成してみましょう。
親ウィンドウと同じサイズの子ウィンドウを2つ作成して、表示、非表示を切り替える事で、アプリケーション内での画面遷移を実現してみましょう。

子ウィンドウの作成は、親ウィンドウと同じくCreateWindow関数を使用します。

HWND CreateWindow(
  LPCTSTR lpClassName,  // 登録されているクラス名
  LPCTSTR lpWindowName, // ウィンドウ名
  DWORD dwStyle,        // ウィンドウスタイル
  int x,                // ウィンドウの横方向の位置
  int y,                // ウィンドウの縦方向の位置
  int nWidth,           // ウィンドウの幅
  int nHeight,          // ウィンドウの高さ
  HWND hWndParent,      // 親ウィンドウまたはオーナーウィンドウのハンドル
  HMENU hMenu,          // メニューハンドルまたは子ウィンドウ ID
  HINSTANCE hInstance,  // アプリケーションインスタンスのハンドル
  LPVOID lpParam        // ウィンドウ作成データ
);

子ウィンドウを作成するには、親ウィンドウのWM_CREATE時に、CreateWindow関数でウィンドウを生成します。
第3引数のdwStyleには、WS_CHILDスタイルを与えます。
このとき第8引数のhWndParentに親ウィンドウのハンドルを指定します。今までは親ウィンドウの生成でしたので、NULLにしていましたね。

GetWindowRect関数で親ウィンドウのサイズを取得して子ウィンドウにも同じサイズを指定します。

BOOL GetWindowRect(
  HWND hWnd,      // ウィンドウのハンドル
  LPRECT lpRect   // ウィンドウの座標値
);

GetWindowRect関数はウィンドウのハンドルで指定したウィンドウのサイズを、RECT構造体に格納します。この関数より取得したサイズで、子ウィンドウを作成すれば、親ウィンドウと同じサイズの子ウィンドウができます。

親ウィンドウのウィンドウプロシージャWndProc内では、ウィンドウの初期化時にWM_CREATEメッセージが送られてきます。ここで子ウィンドウA、子ウィンドウBを生成しています。


親ウィンドウの「OPEN_A」,「OPEN_B」ボタンを押すとそれぞれ子ウィンドウA、子ウィンドウBを表示します。
子ウィンドウに配置した「CLOSE」ボタンを押すと、親ウィンドウへ戻ります。これは子ウィンドウを非表示にすることで実現しています。

親ウィンドウプロシージャ内の記述としては
 「OPEN_A」が押されたら子ウィンドウAを表示状態にする。
 「OPEN_B」が押されたら子ウィンドウBを表示状態にする。
子ウィンドウプロシージャ内の記述としては
 「CLOSE」が押されたら、自ウィンドウを非表示にする。(親ウィンドウが表示される)。

とすれば実現できますが、今回は、画面遷移の処理をすべて親ウィンドウに集めてみましょう。

親ウィンドウプロシージャ内の記述としては
 「OPEN_A」が押されたら子ウィンドウAを表示状態にする。
 「OPEN_B」が押されたら子ウィンドウBを表示状態にする。
 「CLOSE」が押されたら、子ウィンドウAが表示状態なら、子ウィンドウAを非表示にする。
 子ウィンドウBが表示状態なら、子ウィンドウBを非表示にする。
子ウィンドウプロシージャ内の記述としては
 「CLOSE」ボタンが押されたら、親ウィンドウに対してメッセージを送る。

とすることで、画面遷移の処理を親ウィンドウに集めることができそうです。

// ChildWindow.cpp
//
// リージョンの結合

#include <windows.h
>


#define BUTTON_ID   1000
#define CHILD_ID_A  5000
#define CHILD_ID_B  5001
#define BUTTON_ID_OPEN_A 6000
#define BUTTON_ID_OPEN_B 6001




LRESULT CALLBACK WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM
);
LRESULT CALLBACK ChildWindowProc(HWND , UINT , WPARAM , LPARAM 
);
ATOM InitApp(HINSTANCE
);
HWND InitInstance(HINSTANCE, int
);
HINSTANCE hInst
;

TCHAR szClassName[] = _T("ParentWindow"); // ウィンドウクラス。UNICODEとしての文字列定数

int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPTSTR lpCmdLine,int nShowCmd
)
{
   MSG msg
;
   BOOL bRet
;
   HWND hWnd
;

   hInst = hInstance
;

   if (!InitApp(hInstance
))
       return FALSE
;
   if (!(hWnd = InitInstance(hInstance,nShowCmd
)))
       return FALSE
;
   while((bRet = GetMessage(&msg, NULL, 0, 0)) != 0) 
{
       if (bRet == -1
){
           break
;
       } else 
{
           TranslateMessage(&msg
);
           DispatchMessage(&msg
);
       
}
   
}
   return (int)msg.wParam
;
}

// ウィンドウクラスの登録

ATOM InitApp(HINSTANCE hInst
)
{
   WNDCLASS wc
;
   wc.style        = CS_HREDRAW|CS_VREDRAW
;
   wc.lpfnWndProc  = WndProc;  // プロシージャ名
   wc.cbClsExtra   = 0
;
   wc.cbWndExtra   = 0
;
   wc.hInstance    = hInst
;
   wc.hIcon        = NULL;     // 未サポート
   wc.hCursor      = NULL;     // 未サポート
   wc.hbrBackground= (HBRUSH) COLOR_WINDOW
;
   wc.lpszMenuName = NULL;     // 未サポート
   wc.lpszClassName=(LPCTSTR) szClassName
;

   return (RegisterClass(&wc
));
}

// ウィンドウの生成
HWND InitInstance(HINSTANCE hInst, int nShowCmd
)
{
   HWND hWnd
;

   hWnd = CreateWindow
(
       szClassName,_T("ChildWindowサンプル"),
       WS_CLIPCHILDREN,    // ウィンドウの種類
       CW_USEDEFAULT,      // x座標
       CW_USEDEFAULT,      // y座標
       CW_USEDEFAULT,      // 幅
       CW_USEDEFAULT,      // 高さ
       NULL,               // 親ウィンドウのハンドル。親を作るのでNULL
       NULL,               // メニューハンドルまたは子ウィンドウID
       hInst,              // インスタンスハンドル
       NULL
);
   if (!hWnd
)
       return FALSE
;
   ShowWindow(hWnd, nShowCmd
);
   UpdateWindow(hWnd
);
   return hWnd
;
}
// ウィンドウクラスの登録
void CreateWindowClass(HINSTANCE hInst, LPCTSTR szClassName, WNDCLASSW &wc
)
{
   wc.style  = CS_HREDRAW|CS_VREDRAW
;
   wc.lpfnWndProc = ChildWindowProc ; // プロシージャ名
   wc.cbClsExtra = 0
;
   wc.cbWndExtra = 0
;
   wc.hInstance = hInst
;
   wc.hIcon  = NULL
;
   wc.hCursor  = NULL
;
   wc.hbrBackground= reinterpret_cast<HBRUSH>(GetStockObject(GRAY_BRUSH)); //グレーにする
   wc.lpszMenuName = NULL;  // 未サポート
   wc.lpszClassName=(LPCWSTR) szClassName
;
}

// 子ウィンドウの生成
HWND CreateChildWindow(HINSTANCE hInst, int nShowCmd,LPTSTR ClassName,HMENU hMenuChildId,HWND hParent
)
{
   HWND hWnd
;

   // 親ウィンドウのサイズを取得
   RECT rect
;
   GetWindowRect(hParent, (LPRECT)&rect
);

   hWnd = CreateWindow
(
       ClassName,
       NULL,
       WS_CHILD,
       0,                      //親ウィンドウと同じサイズ
       0,
       rect.right - rect.left,
       rect.bottom - rect.top,
       hParent,        //親ウィンドウのハンドル
       (HMENU)hMenuChildId,    // 子ウィンドウを判別するためのID
       hInst,          //インスタンスハンドル
       NULL
);
   if (!hWnd
)
       return FALSE
;
   ShowWindow(hWnd, nShowCmd
);
   UpdateWindow(hWnd
);
   return hWnd
;
}
// ウィンドウプロシージャ
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp
)
{
   PAINTSTRUCT ps
;
   HDC hdc
;

   TCHAR buf[256
];
   size_t size;        // 文字列のサイズを格納する

   WNDCLASSW wc_A
;
   WNDCLASSW wc_B
;
   static HWND hChildWnd_A
;
   static HWND hChildWnd_B
;

   static HWND hButton
;

   switch (msg
){
       case WM_CREATE
:

           // 子ウィンドウAの生成
           CreateWindowClass(hInst,_T("ChildWindow_A"),wc_A
);
           RegisterClassW(&wc_A
);
           hChildWnd_A = CreateChildWindow(hInst,SW_HIDE,_T("ChildWindow_A"),(HMENU)CHILD_ID_A,hWnd
);

           // 子ウィンドウBの生成
           CreateWindowClass(hInst,_T("ChildWindow_B"),wc_B
);
           RegisterClassW(&wc_B
);
           hChildWnd_B = CreateChildWindow(hInst,SW_HIDE,_T("ChildWindow_B"),(HMENU)CHILD_ID_B,hWnd
);

           // プッシュボタンを作成する
           hButton = CreateWindow
(
               _T("BUTTON"),                            // ウィンドウクラス名
               _T("OPEN A"),                            // キャプション
               WS_CHILD | WS_VISIBLE | BS_PUSHBUTTON,   // スタイル指定
               50, 50,                                  // 座標
               60, 40,                                  // サイズ
               hWnd,                                    // 親ウィンドウのハンドル
               (HMENU)BUTTON_ID_OPEN_A,                 // メニューハンドル
               hInst,                                   // インスタンスハンドル
               NULL                                     // その他の作成データ
               
);

           // プッシュボタンを作成する
           hButton = CreateWindow
(
               _T("BUTTON"),                            // ウィンドウクラス名
               _T("OPEN B"),                            // キャプション
               WS_CHILD | WS_VISIBLE | BS_PUSHBUTTON,   // スタイル指定
               50, 100,                                 // 座標
               60, 40,                                  // サイズ
               hWnd,                                    // 親ウィンドウのハンドル
               (HMENU)BUTTON_ID_OPEN_B,                 // メニューハンドル
               hInst,                                   // インスタンスハンドル
               NULL                                     // その他の作成データ
               
);

           break
;
       case WM_COMMAND
:
           GetClassName(hWnd, buf, 255
);
           NKDbgPrintfW(_T("%s\n"),buf
);
           switch(LOWORD(wp) 
){
           case BUTTON_ID_OPEN_A
:
               // 親ウィンドウの「OPEN_A」ボタン押下時の処理
               // 子ウィンドウAを表示する
               ShowWindow(hChildWnd_A,SW_SHOW
);
               UpdateWindow(hChildWnd_A
);

               return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp
));
               break
;
           case BUTTON_ID_OPEN_B
:
               // 親ウィンドウの「OPEN_B」ボタン押下時の処理
               // 子ウィンドウBを表示する
               ShowWindow(hChildWnd_B,SW_SHOW
);
               UpdateWindow(hChildWnd_B
);

               return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp
));
               break
;

           case BUTTON_ID
:
               // 子ウィンドウの「CLOSE」ボタン押下字の処理
               if( IsWindowVisible(hChildWnd_A) 
){
                   ShowWindow(hChildWnd_A,SW_HIDE
);
               }else
{
                   ShowWindow(hChildWnd_B,SW_HIDE
);
               
}

               break
;
           default
:
               return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp
));
           
}

           break
;
       case WM_PAINT
:
           hdc = BeginPaint(hWnd,&ps);     // 描画処理を開始します。

           SetBkMode(hdc, TRANSPARENT);    // 背景を透過モードにします

           GetClassName(hWnd, buf, 255);   // クラス名を取得

           StringCchLength(buf,255,&size); // 文字列長の取得

           ExtTextOut
(
               hdc,    // デバイスコンテキストのハンドル
               0,      // 開始位置(基準点)の x 座標
               20,     // 開始位置(基準点)の y 座標
               NULL,   // 長方形領域の使い方のオプション
               NULL,   // 長方形領域の入った構造体へのポインタ
               buf,    // 文字列
               size,   // 文字数
               NULL    // 文字間隔の入った配列
               
);

           EndPaint(hWnd,&ps);             // 描画処理を終了します。

           break
;
       case WM_DESTROY
:
           PostQuitMessage(0
);
           break
;
       default
:
           return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp
));
   
}
   return 0
;
}



LRESULT CALLBACK ChildWindowProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp
)
{
   PAINTSTRUCT ps
;
   HWND hButton
;
   HDC hdc
;
   COLORREF bkColor
;
   TCHAR buf[256
];
   size_t size;        // 文字列のサイズを格納する


   switch (msg
){
       case WM_CREATE
:
           // プッシュボタンを作成する
           hButton = CreateWindow
(
               _T("BUTTON"),                            // ウィンドウクラス名
               _T("CLOSE"),                             // キャプション
               WS_CHILD | WS_VISIBLE | BS_PUSHBUTTON,   // スタイル指定
               100, 200,                                // 座標
               60, 40,                                  // サイズ
               hWnd,                                    // 親ウィンドウのハンドル
               (HMENU)BUTTON_ID,                        // メニューハンドル
               hInst,                                   // インスタンスハンドル
               NULL                                     // その他の作成データ
               
);
           break
;
       case WM_PAINT
:
           hdc = BeginPaint(hWnd,&ps);     // 描画処理を開始します。

           SetBkMode(hdc, TRANSPARENT);    // 背景を透過モードにします

           GetClassName(hWnd, buf, 255);   // クラス名を取得

           StringCchLength(buf,255,&size); // 文字列長の取得

           ExtTextOut
(
               hdc,    // デバイスコンテキストのハンドル
               0,      // 開始位置(基準点)の x 座標
               20,     // 開始位置(基準点)の y 座標
               NULL,   // 長方形領域の使い方のオプション
               NULL,   // 長方形領域の入った構造体へのポインタ
               buf,    // 文字列
               size,   // 文字数
               NULL    // 文字間隔の入った配列
               
);

           EndPaint(hWnd,&ps
);

           break
;
       case WM_COMMAND
:
           GetClassName(hWnd, buf, 255
);
           NKDbgPrintfW(_T("%s\n"),buf
);
           switch(LOWORD(wp) 
){
           case BUTTON_ID
:

               // 親ウィンドウへメッセージ伝播。処理は親に任せる。
               SendMessage(GetParent(hWnd),msg,wp,lp
);

               // 自ウィンドウを非表示にする
               //ShowWindow(hWnd,SW_HIDE);
               //UpdateWindow(hWnd);

               break
;
           default
:
               return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp
));
           
}

           break
;
       case WM_DESTROY
:
           PostQuitMessage(0
);
           break
;
       default
:
           return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp
));
   
}
   return 0
;
}

親ウィンドウにメッセージを送るには、SendMessage関数を使います。
子ウィンドウの「CLOSE」ボタンが押下されると、
子ウィンドウのウィンドウプロシージャChildWindowProcにWM_COMMANDメッセージが通知されます。ここでは

    // 親ウィンドウへメッセージ伝播
    SendMessage(GetParent(hWnd),msg,wp,lp);

としているだけです。

LRESULT SendMessage(
  HWND hWnd,      // 送信先ウィンドウのハンドル
  UINT Msg,       // メッセージ
  WPARAM wParam,  // メッセージの最初のパラメータ
  LPARAM lParam   // メッセージの 2 番目のパラメータ
);

hWnd 送信先ウィンドウハンドルには、親ウィンドウを指定します。Msg,wParam,lParamには、子ウィンドウのウィンドウプロシージャが受け取った値をそのままセットします。

これにより、親ウィンドウで一括してボタン押下時の処理を任せることができます。
親ウィンドウのウィンドウプロシージャでは、子ウィンドウAが表示されていれば、子ウィンドウAを非表示、子ウィンドウBが表示されていれば、子ウィンドウBを非表示にします。

これにより、子ウィンドウの管理を親ウィンドウに任せることができるようになりました。

 

 

スポンサーサイト

テーマ:Windows Mobile - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/02/10(水) 06:00:09|
  2. WindowsMobileではじめるWin32APIプログラミング入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

020:WindowsMobileらしい全画面ダイアログを作る

通常のパソコンで行うような、たくさんのダイアログを切り替えて作業する、といった事は小さな携帯画面では操作もしずらく、あまり現実的ではありません。
WindowsMobileアプリケーションでは、ウインドウであれダイアログであれ、全画面表示にするのが一般的です。その方が使い勝手もよく、他のソフトウェアともインターフェースを統一できるのでお勧めです。

Windows Mobile6 Standardでは、主にナビゲーションバーにOKボタンを表示したフルスクリーンダイアログボックスが使用されます。完了ボタンは視覚的にフルスクリーンのダイアログボックスで隠されてOKボタンに置き換わるため、「ダイアログのOKボタンである」ということが理解しやすいからです。ダイアログのボタンを完了ボタン([×]ボタン)にしていると、親画面の完了ボタン([×]ボタン)なのか、ダイアログの完了ボタンなのか区別がつかず、ユーザの誤動作を招くことになります。

ではダイアログも全画面表示にしてみましょう。

前回のダイアログ「SampleDialog002」を全画面ダイアログになるように変更します。

全画面ダイアログを表示するには、WM_INITDIALOG:でSHInitDialog()を使用します。

SH~()関数と頭にSHのつく関数は、WindowsMobile特有の関数で主にUIの部分に関連する関数です。

このSHInitDialog()関数はSHINITDLGINFO構造体にパラーメータを指定することで、ダイアログボックスのサイズをSIPに合わせて変更します。

SHInitDialog()関数を使用するにはaygshell.hをインクルードします。

■SHInitDialog()

ダイアログの状態を指定するSHINITDLGINFO構造体に値をセットしてSHInitDialog()関数に渡します。

SHINITDLGINFO構造体
typedef struct tagSHINITDLGINFO
{
    DWORD dwMask;
    HWND  hDlg;
    DWORD dwFlags;
} SHINITDLGINFO, *PSHINITDLGINFO;

dwMask
SHINITDLGINFO構造でどのメンバーが有効であるかを示すビットフィールドで、SHIDIM_FLAGSを指定します。
hDlg
ダイアログへのハンドルです。必須項目です。
dwFlags
ダイアログの動作を決定するフラグです。SHIDIM_FLAGSフラグが設定されてなければ無視されます。

SHIDIF_DONEBUTTON
ナビゲーションバーにOKボタンを表示します。
SHIDIF_EMPTYMENU
下部に空のメニューを作成します。
SHIDIF_FULLSCREENNOMENUBAR
ダイアログボックスを入力パネルの位置に関係なく、フルスクリーン表示に設定します。
SHIDIF_SIPDOWN
ダイアログ初期化時に入力パネルが開いていたら閉じます。
SHIDIF_SIZEDLG
ダイアログボックスはSIPの邪魔にならないサイズで最大化されます。
SHIDIF_SIZEDLGFULLSCREEN
ダイアログボックスを入力パネルの位置に関係なく、フルスクリーン表示に設定します。
SHIDIF_CANCELBUTTON
[×]ボタン表示しダイアログを閉じると同時にキャンセル(IDCANCEL)を発行します。
SHIDIF_WANTSCROLLBAR
ダイアログが画面に収まらない場合にスクロールバーを表示します。

ソースコードは次のとおりです。


// SampleDialog003.cpp
//
// ダイアログを全画面表示にする

#include <windows.h
>
#include <aygshell.h
>
#include
"resource1.h"

#define ID_BUTTON1 (0)             
// ボタンのID

LRESULT CALLBACK WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM
);
BOOL CALLBACK DlgProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM
);

ATOM InitApp(HINSTANCE
);
HWND InitInstance(HINSTANCE, int
);
HWND hDlg;          
// モードレスダイアログボックスのハンドル
HINSTANCE hInst;    
// アプリケーションインスタンスハンドル
TCHAR szClassName[] = _T("SampleDialog003"
);
                   
// ウィンドウクラス。UNICODEとしての文字列定数
TCHAR szStr[4];     
// ダイアログとのデータ受け渡し用。4文字確保(うち1つはNULLポインタ用)

int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPTSTR lpCmdLine,int nShowCmd
)
{
   MSG msg
;
   BOOL bRet
;
   HWND hWnd
;

   hInst = hInstance;
// アプリケーションインスタンスハンドルをグローバル変数へ格納

   if (!InitApp(hInstance
))
       return FALSE
;
   if (!(hWnd = InitInstance(hInstance,nShowCmd
)))
       return FALSE
;
   while((bRet = GetMessage(&msg, NULL, 0, 0)) != 0)
{
       if (bRet == -1
){
           break
;
       } else
{
           
//ダイアログからのメッセージを処理する。
           if(!IsDialogMessage(hDlg,&msg
)){
               
// ダイアログで処理されなかったメッセージは
               
// ウィンドウプロシージャで処理する。
               TranslateMessage(&msg);
// 仮想キーメッセージを文字メッセージに変換
               DispatchMessage(&msg);  
// メッセージをウィンドウプロシージャに送る
           
}
       
}
   
}
   return (int)msg.wParam
;
}

// ウィンドウクラスの登録

ATOM InitApp(HINSTANCE hInst
)
{
   WNDCLASS wc
;
   wc.style        = CS_HREDRAW|CS_VREDRAW
;
   wc.lpfnWndProc  = WndProc;  
// プロシージャ名
   wc.cbClsExtra   = 0
;
   wc.cbWndExtra   = 0
;
   wc.hInstance    = hInst
;
   wc.hIcon        = NULL;     
// 未サポート
   wc.hCursor      = NULL;     
// 未サポート
   wc.hbrBackground= (HBRUSH) COLOR_WINDOW
;
   wc.lpszMenuName = NULL;     
// 未サポート
   wc.lpszClassName=(LPCTSTR) szClassName
;

   return (RegisterClass(&wc
));
}

// ウィンドウの生成
HWND InitInstance(HINSTANCE hInst, int nShowCmd
)
{
   HWND hWnd
;

   hWnd = CreateWindow(szClassName,_T("モードレス"),
       WS_CLIPCHILDREN,    
// ウィンドウの種類
       CW_USEDEFAULT,      
// x座標
       CW_USEDEFAULT,      
// y座標
       CW_USEDEFAULT,      
// 幅
       CW_USEDEFAULT,      
// 高さ
       NULL,               
// 親ウィンドウのハンドル。親を作るのでNULL
       NULL,               
// メニューハンドルまたは子ウィンドウID
       hInst,              
// インスタンスハンドル
       NULL
);
   if (!hWnd
)
       return FALSE
;
   ShowWindow(hWnd, nShowCmd
);
   UpdateWindow(hWnd
);
   return hWnd
;
}

// ウィンドウプロシージャ
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp
)
{
   PAINTSTRUCT ps
;
   HDC hdc
;
   size_t size;        
// 文字列のサイズを格納する
   HWND hButton
;
   HWND hDlg
;

   switch (msg
){
       case WM_CREATE:
// 初期化処理開始

           
// モードレスダイアログを開くボタン
           hButton = CreateWindow
(
               _T("BUTTON"),                           
// ウィンドウクラス名
               _T("DIALOG"),                           
// キャプション
               WS_CHILD | WS_VISIBLE | BS_PUSHBUTTON,  
// スタイル指定
               50, 50,                                 
// 座標
               60, 40,                                 
// サイズ
               hWnd,                                   
// 親ウィンドウのハンドル
               HMENU(ID_BUTTON1),                      
// メニューハンドル
               hInst,                                  
// インスタンスハンドル
               NULL                                    
// その他の作成データ
               
);

           break
;

       case WM_PAINT
:

           hdc = BeginPaint(hWnd,&ps);     
// 描画処理を開始

           StringCchLength(szStr,STRSAFE_MAX_CCH,&size);
// 安全な文字列長取得

           ExtTextOut
(
               hdc,    
// デバイスコンテキストのハンドル
               0,      
// 開始位置(基準点)の x 座標
               20,     
// 開始位置(基準点)の y 座標
               NULL,   
// 長方形領域の使い方のオプション
               NULL,   
// 長方形領域の入った構造体へのポインタ
               szStr,  
// 文字列
               size,   
// 文字数
               NULL    
// 文字間隔の入った配列
           
);
           EndPaint(hWnd,&ps
);

           break
;

       case WM_COMMAND
:
           switch (LOWORD(wp
)){
               case ID_BUTTON1
:
                   
// モードレスダイアログウィンドウを開く
                   hDlg = CreateDialog
(
                       hInst,      
// アプリケーションのインスタンスのハンドル
                       MAKEINTRESOURCE(IDD_DIALOG1),
                                   
// ダイアログボックステンプレートを指定
                       hWnd,       
// 親ウィンドウのハンドル
                       DlgProc     
// ダイアログボックスプロシージャへのポインタ
                   
);
                   ShowWindow(hDlg,SW_SHOW
);
           
}
           break
;
       case WM_DESTROY
:
           PostQuitMessage(0
);
           break
;
       default
:
           return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp
));
   
}
   return 0
;
}

// ダイアログプロシージャ
BOOL CALLBACK DlgProc(HWND hDlg, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp
)
{
   static HWND hParent;    
// 親ウィンドウのハンドル
   int copyCount
;

   switch(msg
){
       case WM_INITDIALOG:
// ダイアログの初期化処理
           
{
               SHINITDLGINFO shidi
;

               hParent = GetParent(hDlg);
// 親ウィンドウハンドル

               
// Create a Done button and size it.
               shidi.dwMask = SHIDIM_FLAGS;                
// SHINITDLGINFO構造でどのメンバーが有効であるかを示すビットフィールドです。
                                                           
// SHIDIM_FLAGSを指定します。
               shidi.dwFlags = SHIDIF_SIZEDLGFULLSCREEN    
// ダイアログボックスを入力パネルの位置に関係なく、フルスクリーン表示に設定します。
                               | SHIDIF_EMPTYMENU          
// 下部に空のメニューを作成します
                               | SHIDIF_WANTSCROLLBAR      
// ダイアログが画面に収まらない場合にスクロールバーを表示します
                               | SHIDIF_DONEBUTTON         
// ナビゲーションバーにOKボタンを表示します。
                               
;
               shidi.hDlg = hDlg;                          
// ダイアログのハンドル。必須です。
               SHInitDialog(&shidi
);

               return TRUE
;
           
}
       case WM_COMMAND:    
// ダイアログのボタンが押されたときの処理
           switch (LOWORD(wp
)){
               case IDOK
:

                   
// エディットコントロールの値を取得
                   copyCount = GetDlgItemText(hDlg,IDC_EDIT1,szStr,4
);

                   
// デバッグプリント
                   NKDbgPrintfW(_T("szStr :バイト数: %d 文字数:%d コピーした文字数:%d"
)
                       ,sizeof(szStr),lstrlen(szStr),copyCount
);

                   DestroyWindow(hDlg);    
// ダイアログを破棄
                   return TRUE
;

               case IDCANCEL
:
                   DestroyWindow(hDlg);    
// ダイアログを破棄
                   return TRUE
;

           
}
           return FALSE
;
   
}
   return FALSE
;



}


コンパイル時に
error LNK2019: 未解決の外部シンボル

といったエラーが出る場合、前回はpragmaを使用し、#pragma comment( lib, "aygshell.lib" ) としていたと思います。

これは.dllをリンクする必要があればリンクしなさいという命令です。今回はaygshell.libファイルをリンカ入力として追加します。

プロジェクトを右クリックし[プロパティ]からプロジェクトのプロパティウィンドウを開きます。
[構成]プルダウンリストより[すべての構成]を選択します。
[プラットフォーム]プルダウンリストより[すべてのプラットフォーム]を選択します。
[構成プロパティ]-[リンカ]-[入力]を選択します。
[追加の依存ファイル]プロパティにaygshell.libを追加します。

テーマ:Windows Mobile - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/02/09(火) 04:30:16|
  2. WindowsMobileではじめるWin32APIプログラミング入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T-01A用 wifictrl、ようやく安定版リリース

T-01A WifiCtrl
まともにデバッグする時間を取れたので、安定版としてリリースします。

変更点
・まじめにデバッグしました。
・アイコン付加してみました。
・デフォルト動作(onとかoffとかを指定しない)の場合、onの動作になっていたがトグル動作に変更しています。(本家W-ZERO3向けwifictrlの動きに合わせました)

求む!
T-01A以外の機種での動作報告はコメント欄へどうぞ。
wifictrlへ。

ニュース
ドコモが「Biz・ホーダイ ダブル」を見直し - PCモデムとしての利用も定額
「今回の見直しにより、PCなどのモデムとして使用した場合も上限13,650円の定額で利用可能となった。」

テーマ:Windows Mobile - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/08/13(木) 02:02:14|
  2. T-01A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

wifictrl

WifiCtrl
「ワイヤレスマネージャ」のコマンドライン版
■ 概要
電話,無線LAN,Bluetoothなどの電源On,Offを行います。
「ワイヤレスマネージャ」とほぼ同じ事が行えます。
※W-ZERO3シリーズで定番のアプリ「wifictrl」と同様のソフトが欲しくて作成しました。
■ 動作環境
docomo T-01Aでテスト済み。
WindowsMobile6 Professionalを搭載したスマートフォンで使用可能です。
■ 利用について
本プログラムはフリーソフトですが,著作権は作者が保有します.本プログラムを利用した結果につきましては,作者は一切の責務を負えませんので御了承下さい.また,不具合等に関しては,なるべく対応するつもりですが,その義務を負うものでは有りません.
■ 免責事項
 当ソフトウェア使用することによって発生したあらゆる問題に対して、その予見可能性にかかわらず、当方では一切責任を負いません。ご了承下さい。
■使用方法
wifictrl.exe             Wi-FiをONならOFF,OFFならON(トグル動作)
wifictrl.exe on          Wi-FiをON
wifictrl.exe off         Wi-FiをOFF
wifictrl.exe on /WIFI    Wi-FiをON
wifictrl.exe off /WIFI   Wi-FiをOFF
wifictrl.exe /BT         BluetoothをONならOFF,OFFならON(トグル動作)
wifictrl.exe on /BT      BluetoothをON
wifictrl.exe off /BT     BluetoothをOFF
wifictrl.exe on /PHONE   電話をON
wifictrl.exe off /PHONE  電話をOFF
wifictrl.exe on /NET     ダイアルアップ接続


拍手して wifictrl Ver0.1(人柱Ver)をダウンロード
拍手して wifictrl Ver0.2(人柱Ver)をダウンロード
拍手して wifictrl Ver0.3(人柱Ver)をダウンロード
拍手して wifictrl Ver0.4(安定版)をダウンロード
拍手して wifictrl Ver0.5(安定版)をダウンロード
拍手して wifictrl Ver0.6をダウンロード

テーマ:Windows Mobile - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/29(月) 02:46:58|
  2. T-01A
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:15

MortScriptをT-01Aにインストールする

テーマ:Windows Mobile - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/24(水) 07:52:41|
  2. T-01A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

RSSフィード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。